本文へ移動

災害ボランティアセンター

県内の災害ボランティア状況

台風19号関連情報

「令和元年度台風19号災害義援金」の募集について

趣旨
 令和元年度台風19号に伴う災害により多数の方が生命又は身体に危害を受け、または受けるおそれが生じることから宮城県全域にも災害救助法が適用されました。宮城県共同募金会は、この災害で被災を受けられた方々を支援することを目的に、義援金の募集を実施する。
 
義援金の名称
 令和元年度台風第19号災害義援金
 
受付期間
 令和元年10月18日(金)から令和2年3月31日(火)まで
 
義援金の配分
 宮城県共同募金会でお預かりした義援金は、宮城県へ拠出し、宮城県が設置する義援金配分委員会(宮城県、日本赤十字社宮城県支部、宮城県共同募金会等で構成)で決定される災害義援金配分委員会にて取りまとめを行い、配分基準に基づき各市町村を通じて被災された皆様に配分されます。
 
 社協事務所においても受付しております。詳細についてお問い合わせください
 ☎0224-33-2940
 
 
                          2019年10月24日  蔵王社協地域福祉係
 

ボランティア保険について

 台風の被害から約1週間が経過し、各地で被害の状況が明らかになっており
 災害ボランティアセンターの立ち上げも進んできております。
 蔵王社協でも丸森の支援が始まりました。
 
 災害ボランティア実施の前には、必ずボランティア保険へ加入が必要です。
 現在、大規模災害特例措置が発動されており、加入手続きと同時に補償が開始されます。
 
 
 ボランティア保険の加入手続きは、市町村社協にて行っています。
 しかし、被災地社協の負担を減らすためにも、災害ボランティアに出かける前に
 地元の社会福祉協議会でボランティア保険加入をお勧めします。
 
 蔵王社協でも受付しておりますので、お出かけ前にお立ち寄りください!
 問い合わせ ☎0224-33-2940(蔵王社協事務局)
 
                          2019年10月19日  蔵王社協地域福祉係
 

被害状況・災害ボランティアセンターについて

 台風19号により記録的な大雨を記録し、全国各地で被害が広がっており
 被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
 
 蔵王町においても床上、床下浸水や土砂崩れによる通行止めなどの被害がありましたが
 近隣住民同士の助け合いにより、片付けが進んでいる状況です。
 
 近隣市町村では、甚大な被害が出ており、災害ボランティアセンターが立ち上がっています。
 宮城県内の災害ボランティア情報については以下をご覧ください
 
 今後、蔵王町社協として、被災された皆様にできる限りの支援・協力を
 町民の皆様にもご協力をいただきながら、行って参ります。
 
 
                           2019年10月15日  蔵王社協地域福祉係
 
社会福祉法人蔵王町社会福祉協議会
〒989-0821
宮城県刈田郡蔵王町大字円田字十文字北3番地1
TEL.0224-33-2940(事務局)
      0224-33-2488(ケアマネ)
  0224-33-4567(デイサービス)
  0224-32-3960(黄金川温泉
FAX.0224-22-7940
2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る