本文へ移動

ブログ「ちょっとみてけろ~♪」

つながりは、小さな“きっかけ”から。

2021-07-20
カテゴリ:地域活動
 まず、はじめに・・・ブログをご覧になっている皆さんにお願いです。
 ここ数日の暑さで、熱中症に対して十分な注意が必要です。
 30℃を超えるような気温の高い日は、屋外での運動や作業などは控えて、冷房を適切に使いながら屋内で過ごすようにしてください。
 また、水分もこまめに摂取するよう、心掛けてください。

 改めまして、こんにちは!生活支援コーディネーターの小野です。

 今年は例年より早く梅雨が明けました。今か今かと待ちわびていたセミたちも鳴きはじめ、いよいよ本格的な夏がやってきました。

 澄み渡る青空が広がった7月15日(木)、白石市小原公民館で行われている活動に参加してきました。

 その活動とは「柿渋づくりを楽しむ会」です。
 当日の活動は、柿渋づくりではなく、ペーパークラフトを使ったコースターづくり。完成後に、柿渋を塗ります。そのコースターの作り方を指導されたのが、宮地区小浜川原で「小浜川原お茶飲み会」を主催する大谷久美子さんです。

 実は、平成31年1月に白石市で開催された「お宝発表会」で「小浜川原お茶飲み会」をご紹介しました。その際、同会で作成したペーパークラフトの手提げバッグ等を展示・紹介したところ、「作り方を教えてほしい!」と白石市の生活支援コーディネーターさんから声を掛けられたことがきっかけとなり、それ以降、大谷さんが手工芸品づくりの講師として「柿渋づくりを楽しむ会」の皆さんと定期的に交流することになったのです。

 「柿渋づくり」もとても魅力的な活動です。こうして垣根を越え、活動を通して白石市民と蔵王町民が交流できることは、とても素晴らしいことだと思います。大谷さんも柿渋づくりに興味を持たれ、今後も参加者として交流を続けられるようです。

 「教える」「教えられる」関係性。
 お互い支え合いながら、活動を通して築かれた関係(つながり)が、これからも続いていくことと思います。
小原公民館に12名の会員さんが集まりました。
コースターづくり。苦労の中に、楽しさあり。
作り方を指導される大谷さん(右端)
社会福祉法人蔵王町社会福祉協議会
〒989-0821
宮城県刈田郡蔵王町大字円田字十文字北3番地1
TEL.0224-33-2940(事務局)
       0224-33-2488(ケアマネ)
       0224-33-4567(デイサービス)
       0224-32-3960(黄金川温泉)
FAX.0224-22-7940
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る