本文へ移動

ブログ「ちょっとみてけろ~♪」

「谷地遺跡」 ~縄文時代に思いを馳せる

2019-08-29
カテゴリ:イベント
 生活支援コーディネーターの小野です。
 ございんホールで現在開催されている、常設展示「谷地遺跡~蔵王山麓に育まれた縄文ムラ」についてお伝えします。
 
 蔵王町内には、約200カ所の遺跡があるそうです。中でも「谷地遺跡」は規模が大きく、他の地域からモノや情報が集まる県南でも有数の拠点集落だったと考えられています。遺跡の場所は、現在の白石消防署蔵王出張所付近です。遺跡からは土器、石器、土偶、石棒やヒスイの飾り物、さらには祈りや祭り事に使った道具など様々なものが出土されました。(写真をご参照ください)
 
 このように出土品による縄文人の生活の痕跡を見ると、蔵王町は当時からとても住み良い場所だったと考えられますね。当時の生活に思いを馳せながら、出土品を見学してきました。
 
 皆さんにとって、現在の蔵王町は住み良い町でしょうか?
 後世の人たちに、「昔も、とてもいい時代だったみたいだね。」と言われような町でありたいですね。
社会福祉法人蔵王町社会福祉協議会
〒989-0821
宮城県刈田郡蔵王町大字円田字十文字北3番地1
TEL.0224-33-2940(事務局)
      0224-33-2488(ケアマネ)
  0224-33-4567(デイサービス)
  0224-32-3960(黄金川温泉
FAX.0224-22-7940
2020年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る