本文へ移動

ブログ「ちょっとみてけろ~♪」

自然の素材で草木染・工房二十周年

2019-07-16
カテゴリ:地域活動,イベント
 生活支援コーディネーターの小野です。
 今回は、ございんホールにて、7月15日(月)まで開催されていた展示会についてお伝えします。
 
 7月10日(水)~15日(月)「草木染・とし子工房」二十周年記念展が開かれました。平成12年4月 代表である佐藤とし子様が円田に工房を開き、以来蔵王町にある梨、桑、藍などの自然の材料を利用して、反物や帯地など様々な染め物を作ってこられました。平成23年の東日本大震災では工房が全壊。しかし、多くの方々の励ましや場所の提供などがあり、このたび20周年を迎えられました。
 
 現在、山水苑内「ひぐらし館」を工房として、3名の方々が作業にあたられています。「11月に、ひぐらし館で展示会を開く予定です。その時は、初めての方向けに、体験会も考えています。」とお話されたのは、作品製作に携わる大泉さん。途絶えることのない見学者の方々に、染め物の特徴などを丁寧に説明されておりました。
 
 染め物の材料を集めることに時間を要するため、作品の完成にも時間が掛かります。だからこそ、とてもきれいな作品が出来上がるのです。今回作品を見ることができなかった方は、11月に予定されている展示会にぜひ足を運んでみてください。町内にある自然の素材をふんだんに使った作品を見ることで、豊かな自然に囲まれた蔵王町の良さにきっと気づかされるはずですよ。
材料により染め色も異なります
レイアウトも工夫されていました
平沢地区の「おかいこさま」
記念に1袋いただいてきました
社会福祉法人蔵王町社会福祉協議会
〒989-0821
宮城県刈田郡蔵王町大字円田字十文字北3番地1
TEL.0224-33-2940(事務局)
      0224-33-2488(ケアマネ)
  0224-33-4567(デイサービス)
  0224-32-3960(黄金川温泉
FAX.0224-22-7940
2020年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る